上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちわ。
香港しゃちょーです。


尿管結石で通院している私の上司が、今朝、お腹が痛い!といって、病院に行ってしまいました。
50歳を過ぎたおじさんですが、通じるか通じない程度の中国語力で、この異国の地で通院すると
は、恐らく彼自身、想像していなかったでしょう。

かわいそうに、顔を引きつらせ、お腹を抱えて・・・・・

こりゃ、点滴して・・・・・午前中は病欠ですかね。



さて、【尿管結石】とは、いかなる病気でしょうか?

Gooヘルスケアによりますと、、、、

尿管結石は、腎臓で形成された結石が尿管に落ちてきた場合の結石です。
尿管には、腎盂(じんう)尿管移行部、血管(総腸骨(そうちょうこつ)動脈)交差部、
尿管膀胱移行部の3カ所に生理的狭窄部(きょうさくぶ)といわれる狭い部位があります。
前述したように直径8mm以下の結石は、尿管を通過して自然排石が期待できますが、
このような生理的狭窄部位では結石の通過は簡単ではなく、このため尿流の停滞を起こして
水腎症を呈することがあります。

結石が尿管で通過障害を起こすと、激痛が生じます。
患者さんは七転八倒するような痛みに見舞われ、冷や汗が出たり、不安におそわれます。



うん、うん、それで治療の方法は?


腎結石と同様で、疼痛がある場合には鎮痛薬(インドメタシン坐薬やペンタゾシンの注射)、鎮け
い薬、結石形成抑制薬などを投与し、水分摂取・補液を行います。適度な運動(縄跳びなど)も
有用です。
尿路感染症を伴っている場合には、抗生剤の投与も行います。

腎結石と同様に、尿管ステントや腎瘻(じんろう)造設が必要なこともあります。
とくに、両側尿管結石嵌頓(かんとん)の場合には、腎後性(じんごせい)腎不全(尿管が両側完
全閉塞されることによる腎不全)となり、緊急で両側または片側の尿管ステント留置または腎
瘻造設が必要になります。
自然排石が期待できない場合や水腎症が進行している場合には、手術を行います。

結石が中部尿管よりも腎臓に近い位置にある場合には、体外衝撃波砕石術(ESWL)を行い
ますが、これよりも膀胱側に近い下部尿管結石では経尿道的尿管砕石術(けいにょうどうてき
にょうかんさいせきじゅつ)(TUL)を行います。
これは、尿道から内視鏡(尿管鏡)を挿入し、尿管口から尿管内へ進めて結石を直視下に観察
しながら結石破砕を行う手術です。

従来行ってきた手術療法である腎盂切石術や尿管切石術は、開腹して腎盂・尿管を切開し、結
石を壊さないようにして採石することが基本でしたが、ESWLやTULは皮膚に傷はできないもの
の、完全に採石できるとは限らず、残石の問題が残ります。ただし、観血的手術の場合は再手
術は難しいのですが、ESWLもTULも再手術は可能です。

ESWLおよびTULを行ったあとは、尿流を保つ目的で、円周が6~7mmの尿管ステントを留置
します。
ESWLは鎮痛薬(ペンタゾシンなど)または硬膜外(こうまくがい)麻酔下で、TULは腰椎(ようつ
い)麻酔下または硬膜外麻酔下で行います。入院日数は3~4日です。


、、、

結構、怖い病気なんですね。


ちなみに、中国に駐在している日本人に多い病気は、
脳卒中、肝炎 と言われています。


健康第一ですね。



それではまた

スポンサーサイト
こんにちわ。
香港しゃちょーです。


こちら広州は、毎日、雨が降っております。
しかも・・・雷雨!!

確かに暑いんですけどね~
夕立で済めがいいですが、延々と降られると、やはり外出したくありませんね。
最近は出張も無く、オフィスで過ごす時間が多いかも・・・・


この雨の為、広東省のあちこちで、水の事故や、災害が頻発しています。

南方テレビ局の「今日の出来事(中国名:今天一線)」では、連日、省内あちこちの被害状況を伝えています。
この番組によると、梅州という地域付近が、特に被害がひどいらしい。

平屋建ての家屋が水没。山は至る所で土砂崩れ。。。。

広東省では、旧暦の5月は、「雨が降る月」だそうで、まだまだこの天気は続くらしいです。
被害がこれ以上拡がらなければいいですね。


それではまた

【 歯磨き粉 】


こんにちわ。
香港しゃちょーです。


毎日更新!を目標にしておりますが、いかん、いかん、ついつい配信が遅れてしまってます。
読者の方々、すみません m(__)m


さて最近、中国の歯磨き粉が問題になっていますよね。
なんでも、有毒なジエチレングリコールが含有物として発見されたそうです。

私がこの話を聞いたとき、「ああぁ~またね。どうせまたニセモノが出回っているんでしょ!」と
思いましたが、ニセモノではなくホンモノにも入っているそうで・・・・

日に何度も歯磨きする私にとっては一大事です。
今使っている歯磨き粉をチェックしました。

・・・・  ほぉ~

違う銘柄でした。

中国では、ニセモノが本当に多く、ちょっと見ただけでは、一体どれがホンモノ?と思うときがよくあります。
見分けが簡単につけばいいんですけどね~。
それがなかなか難しいのが現状です。
特に、体に触れたり、体内に入るモノは、十分に注意したいものです


以下は、広州日報の記事からです。


6月1日、アメリカ食品医薬品管理局(FDA)は警告を発し、中国から輸入の歯磨き粉からジエチレングリコールの化学物質を検出し、
同日、この歯磨き粉を差し押さえ、消費者は、中国製歯磨き粉を使用しないようにと述べた。

これに対し、昨日、中国国家質量検査総局は再度声明を発表し、中国輸出の歯磨き粉のジエチレングリコールの含有量は安全で、
アメリカは速やかに事実を明らかにすべきと述べた。

国家質量検査総局の輸出入食品安全局局長の李元平によると、今回のアメリカ側が検査した製品は、3企業13品目に関連し、
当時、これらの製品はアメリカ側の要求に沿って生産され、税関前に卸業者経由でFDAへ成分配合を提供、配合中のジエチレングリコールの
標準含有量も表記した。これらの歯磨き粉は、FDAの登録ラベルを取得、アメリカ内での販売が許可されている。
したがって、アメリカ側の今回の説明は、無責任であり、かつ、自己矛盾している、と述べた。

アメリカ食品医薬品管理局発表の警告では、アメリカに輸入された歯磨き粉中から、ジエチレングリコールが最高で4%検出された。
中国工程院の陳君石博士によると、ジエチレングリコールは歯磨き粉に一種の保湿剤として使用されている。
ヨーロッパ食品科学委員会制定の標準規定では、人体において、一人一日体重500gに対し、0.5mgのジエチレングリコール摂取が安全とされる。
2000年に中国の専門家が1000人に対して2年間の研究をしたところ、15.6%のジエチレングリコールを含む歯磨き粉を長期間使用した際に、
人体に吸収されたジエチレングリコールは、一人体重500gに対して、たったの0.17mgだったと述べた。



それではまた

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。